本文へジャンプ

お悩み2:子どもとのコミュニケーションをどのようにとっていますか?(2年生保護者)

 

HOME >

お悩み2:子どもとのコミュニケーションをどのようにとっていますか?(2年生保護者)

【回答数 31】

・正解は子供毎に違うと思うのですが、子供が嬉しそうに話す話題をいろいろ探って話しかけてます。友達とか、学校や学童であったこと、話題になってることなど。小学生、だんだん話さなくなってくるので悩みますよね。一緒に頑張りましょう!

・毎日、お風呂や寝る前に学校であったことなど話をする。休日は家族全員で出掛けて楽しみを共有することでコミュニケーションを取る。

・学童から帰宅する間に、その日あったことを聞くのが習慣になっています。

・私の場合ですが…大人目線ではなく、子供の目線で友達感覚で話せるようにしています。また焦らさずにながら聞きでもゆっくり話せるよう耐える事も必要です。時にはお友達の悪口等も話す事がありますが、コミュニケーション目的なんだと自分に言い聞かせ注意などせずに話しを引き出すようにしています。こちらが怒らないことが分かると色々話してくれるようになりました。今はこの子とは上手くいってない、とかこんな悩みがあるのか等わかるようになりました。また別の機会で気付かれないよう間接的に善悪の判断確認などをするようにしています。

・下の子は眠る前にハグをして、上の子はハグするのはもう恥ずかしいようでハイタッチをしてお休みなさいをします。日常的にその日の出来事や、給食の話、お友達の話などはするので、手を動かして家事を進めつつ話を聞いて、適度に質問しています。

・毎日お風呂に入りながら、学校でどんなことがあったか聞いています。仕事で中々時間が作れなくても、お風呂の時間は家族にとって大切な時間。学校での何気ないことを聞くと、子ども達は嬉しそうにその日の出来事を話してくれます。

・やっぱり今はあまり出来ていませんが、お風呂に一緒に入って色々話してました。

・今日学校や学童で何をしたかとかはあまり話してこないので、こちらから根掘り葉掘り聞くことはしないが、何か夢中になっていること(ゲームやアニメ等)について、何が好きなのか、どこに魅力があるのかを聞いたりすると、嬉しそうにものすごい勢いでしゃべるので、そういうことについてはちゃんと傾聴して色々とこちらも質問するようにしている。
また、最近ではニュースを見て、それについてどう思うか、積極的に聞くようにしている。本人が話してきたことに対し、お母さんはこう思うなとか、それはニュースの偏った見方だよ、などなど議論することで、世の中のことに興味をもちつつ、色々な考えがあることを知り、その中で自分で物事を考えて判断する習慣を少しでも身につけられるといいなと思っています。

・こどもと2人で出かけると良かったです。

・今日学校や学童は楽しかったか。何が楽しかったかを聞くようにしている。

・一緒にお風呂に入った時に、一日の出来事を聞いたり、車の中で話をしたりしています。

・夕飯時に、今日の出来事を聞いたり話したりしている。

・毎日、お風呂で今日の出来事を聞くようにしています。が、答えてくれる時とくれない時があります。

・休みの日は、一緒に体を動かすようにしている。

・毎日話を聞く。

・自分にあったその日のことを話すと子どもも自分のことを話してくれる。お風呂や寝る前などリラックスした時間に話すのが良い。

・帰宅途中やお風呂などで学校や学童の様子を聞くようにしています。無理には聞き出そうとはしないようにしています。休みの日には公園、買い物に一緒に行きます。

・ご飯の時間はテレビをつけずに、一緒に食卓を囲んで会話に集中できる環境を作っています。「今日は○○の授業があったみたいだけど、どんなことしたの?」等、具体的に質問しています。休みの日にやりたいことのリクエストを聞いておいたり、こちらから提案して一緒にやるようにしています。 

・帰宅児、お風呂、寝る前に話をします。「今日一日で一番嬉しかったこと」など。共通の話題を作ります。野球、鬼滅の刃など。

・「学校で今日は何かあった?」「体育は何したの?」「休み時間は何して遊んだの?」何でもいいので思い付いた質問を投げかけるようにしています。その日の出来事や時にはお友達とのトラブルについても細かく話してくれます。

・一緒にテレビを見ているのであれば、思ったことを口に出してお互い感情を言い合ったり、意見を言い合ったりします。

・見るもの聞くものすべてに感想や思った事など笑いをまじえて話をします。絵の具を使ったり一緒に何かを作ります。楽しくなってきたら一緒に踊ります。歌います(替え歌)。

・上の子に話を聞こうとすると大抵下の子が絡んできて会話が遮断されます。たまにドライブで上の子が助手席、下の子が後ろで寝ている時は話がはずみます。

・帰宅したら「何して遊んでるの?」「何が楽しかった?」と聞く。登校時と寝る前にハグしてあげる。

・お風呂は必ず一緒に入ります。そして今日は昼休みに何したの?と聞きます。具体的に聞くとたくさん話が広がりますし、お風呂は開放的になって子どもからお話をしてくれます。

・男の子なのであまり話してくれませんが、学校での出来事を教えてくれた時に嬉しかったこと、頑張ったことを大げさに褒めています。

・お風呂と寝床で話す。必ず1日あったことを聞く。

・起きている時間はずっと叱ってしまっているので、ベッドに入って寝るときは話をゆっくりきいて、大好きだよの気持ちを伝えています。1日の終わりだけでも良い時間にしようと思っています。

・意識せず、ずっと一緒にいます。楽しいことを共に行い、おもしろいものや美しいものを共に見ることは大切にしていることです。

・「今日一番楽しかった(嬉しかった)ことは?」と聞いています。見送る時も、「楽しんで!」と声をかけます。つらい(嫌な)ことより、楽しい(嬉しい)ことに注目して人生を生きてほしいからです。

・Оpen Qestionで聞くようにする。お迎えの時間など、1対1の時間に。

前へ戻る

このページの TOP へ